夏(Summer)の手前

僕はフェンダーのストラトキャスターというエレキギターを愛用しています。
このストラトキャスターには「アーム」という音を揺らす棒が付いています。

このアームを凄く多用するのですが、アームを使った後に放すとシールドジャックに当たって「カチッ」という音がしてしまいます。

これが前から気になっていて、アームにスポンジを付けたりしてアタック音を小さくしていました。でもこれがめちゃ見た目が悪い、、、

見た目が悪いくせにそんなに効果がないというお粗末なもので、対処法を調べているとあるじゃあ〜りませんか!!

「アーム・テンション・スプリング」というもので、アームを刺す穴にこのバネを入れて、動きを制御するものらしいです。こんなんあるん知らんかった、、、

早速ポチッと購入しようかなぁとレビューを読んでいると、バネが結構硬くてアームが強めにロックされるような事を書いている、、、

もうちょっと調べてみると、ホームセンターで買ったバネでいい感じになったという記事を見つけた。よ〜し、早速ホームセンター◯ーナンへ!!

これを適度な長さにカットして入れてみると、、、 バッチリじゃあ〜りませんか!!
早速このバネ付きアームのストラトで1曲弾いてみました。

GARY MOOREの「THE LONER」という曲です。
アームさばき、聞いてみて下さい!!!

“夏(Summer)の手前” への2件の返信

  1. やっぱり黒岩先生といえば赤いストラトですね。
    とてもいい音がしてました。

  2. ありがとう!
    僕も赤のストラトが一番しっくりきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です